診療予約







tel

お問い合わせ

Disease

病名(泌尿器科のがん)

前立腺がん

前立腺とは

前立腺は男性にのみ存在する重要な臓器で、膀胱の直下に位置し、尿道を取り囲むように存在しています。この臓器は外見的には栗の実に似ており、柔らかい質感を持っています。

この前立腺の主な機能は、精液の重要な成分である前立腺液の産生です。前立腺液は精子の活動を助けるために不可欠であり、その中にはPSA(前立腺特異抗原)と呼ばれるタンパク質が含まれています。PSAの大部分は精液に含まれていますが、一部は血液にも漏れ出ることがあります。これが、前立腺の健康状態を示す指標として利用されています。

前立腺がんの概要

前立腺がんは、前立腺の細胞が制御を失い異常に増殖することで発生します。このがんは早期発見されれば治療成功率が高く、一般的には進行が遅いことが特徴です。しかし、放置するとリンパ節や骨への転移が見られることが多く、場合によっては肺や肝臓などの臓器にも転移する可能性があります。
また、すべての前立腺がんが致命的なわけではなく、多くは人の寿命に影響を及ぼさない速度で進行します。実際、多くの研究によると、前立腺がんで死亡するよりも他の原因で亡くなる男性の方が多いです。
前立腺がんは日本でも急激に増えており、男性のがんの中では上位を占めています。原因はまだ分かっていませんが、男性ホルモンであるテストステロンの影響や加齢・食生活の欧米化などと深いかかわりがあると言われております。

前立腺がんの症状

前立腺がんの初期段階では、多くの場合、はっきりとした症状が現れません。しかし、がんが進行した場合には、尿の出が悪くなる、夜間の頻尿、尿の勢いの低下などの排尿障害が見られます。さらに進行すると、血尿や腰痛、骨への転移による激しい痛みなどが現れることがあります。

これらの症状が現れた場合には、速やかに専門医の診断を受けることが推奨されます。また、定期的な健康診断や血液検査でのPSA(前立腺特異抗原)値の測定による早期発見が、前立腺がんの治療成功率を大幅に向上させるために非常に重要です。

前立腺癌の診断

PSA値が基準値よりも高い場合には、MRI検査・前立腺針生検といった精密検査を行い、前立腺がんの診断を行います。当院でも採血によってPSA値を測定することが可能です。また、PSA値が基準値よりも高い患者さまに対しては、当院にて日帰りで前立腺針生検を行っております。 前立腺がんと診断された患者さまは、まず他の臓器やリンパ節に転移がないかどうかをCT検査・全身骨MRIなどで調べ、がんのステージ分類を行います。

PSA検査および基準値について

血液中にPSA値が高い場合に考えられる疾患は、①前立腺がん、②前立腺肥大症、③前立腺炎などです。また、前立腺への物理的な刺激(よく自転車に乗る、など)でも上昇する場合があります。この中で最も重要な疾患が前立腺がんです。PSA値が高いほど前立腺がんが発見される確率が高くなることから、がんの早期発見にも役立ちます。

前立腺がんの治療

転移がない場合、治療は、手術(前立腺全摘除術)・放射線治療・内分泌治療(ホルモン治療)が選択肢となります。手術や放射線治療の適応となる患者さまには、ご本人・ご家族と相談の上で最適な病院を紹介いたします。
転移がある場合あるいはご年齢や全身状態によっては、一般的には内分泌治療(ホルモン治療)を開始します。

 
ご予約はこちらからも承ります。


文責:磯野誠 所沢いそのクリニック 内科・泌尿器科・女性泌尿器科
04-2951-2200